スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間は鬼ばかり(10) 第10話あらすじ

五月(泉ピン子)は日本に帰ってきた道隆(武岡淳一)・貴子(清水由紀)親子を訪ね、眞(えなりかずき)の真剣な気持ちを伝えたが、貴子の態度は頑なだった。

その様子を五月から聞き、眞もやっと諦めがついた矢先、貴子が眞の勤め先にやってきた。今の深夜の仕事を辞めて、「おかくら」で働きながら父親の介護をしたらどうかという五月の提案に従ってみては、と道隆が言っているというのだ。五月が大吉(宇津井健)に相談して、先のことまで考えていたことなど知らない眞は、びっくりしながらも貴子の心の変化を快く受け入れていた。

眞と貴子はその足で「おかくら」に向かった。大吉をはじめ長子(藤田朋子)もタキ(野村昭子)も貴子のことを温かく迎えた。特に脳梗塞の父親の介護を経験している壮太(長谷川純)は、貴子の力になると胸を張った。

「おかくら」の近所のマンションへの引越しも終わり、貴子は早速店で働き始めたが…。

スポンサーサイト
<スポンサードリンク>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。