スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の豚 第3話「病院蝕む天下りに喝」あらすじ

会計検査庁の調査官・芯子(篠原涼子)への今回の指令は「独立行政法人 国立高度メディカルセンター」を調べること。最先端医療治療における日本一の国立病院だが、久留米(宇津井健)はこの病院が病魔におかされているという。病院に向かった芯子は、病院長の上に君臨する事務局長・国枝と、彼にへつらうスーツ族を目撃する。国枝は財政省事務次官の1回300万円の治療費を研究患者として税金で賄い、移動には病院の高規格救急車を使用、病室は特別な個室を用意するなど便宜を図っていた。それに反発する院長・桜井とのやりとりを見た芯子は「ヤクザの組長の上に若頭がいるようなものか」と不信を募らせる。

芯子は桜井院長に事情を聞き、国枝事務局長が財政省からの天下りであること、利権しか考えていないとの証言を得る。この病院は国民の税金を無駄遣いする、天下りたちの温床だったのだ。しかし桜井院長もまた国の補助金をもらうために、なにより病院で仕事を続けるために国枝には逆らえない状況だとわかる。さらに芯子たちは病院で安い給料で不当に24時間フル稼働させられているレジデント(研修医)たちの姿を目にし、心を痛める。

そんな中、レジデントたちは、最新の医療設備で働き続けたい一心でクビになることを恐れて不正に関することを証言しようとしない。さすがの芯子も手を引かざるを得ないと判断する。それでもなお「正義を貫いて、間違えを正す」と息巻く優(岡田将生)を、芯子は「彼らがクビになったらアンタ責任取れるのか」と一喝する。そんな様子を見ていた角松(大泉洋)、金田(桐谷健太)はひそかに病院の不正の洗い出しを進める。そしてカイケンはついに決定的な証拠を手にするが、先走った優の立場が危うくなってしまった。

果たして芯子は、再び正義のために立ち上がるのか――?

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/100-a12dac57

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。