スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナサケの女 第3話「5歳が運ぶ…お受験脱税!?」あらすじ

「理事長、あなた脱税してますね? でも、心配いりませんよ! この学園はアンタッチャブルですから!」

政財界の子息が多く通う京徳学園に関する、裏口入学や裏の寄付金などのタレコミ情報の多さに目を付ける松子(米倉涼子)。しかし、東京国税局査察部情報部門では、過去に何度も同校を内偵調査しつつ、上層部からの圧力に屈し、途中で撤退したという苦い過去があった。だが、「脱税を見逃すヤツは、脱税するヤツと同じ」が信念の松子は、査察部長・新田(柳葉敏郎)の命令を無視し、勝手に内偵調査を開始。早速、理事長の門倉要(石橋蓮司)に接触し、怒りを買ってしまう。さらに松子は、京徳学園への合格者を多数輩出しているというひだまり塾にお受験ママのふりをして内偵し、塾長である春山繁(遠山俊也)にも接触する。

そんな中、門倉の抗議が原因で、松子に謹慎処分が下ってしまう。だが、松子はそれすらも無視して調査を続行。ある夜、張込みする松子に気付いた門倉は、「金持ちになるには税金を払わないことだ」と言ってのける。その言葉に怒り心頭の松子は、出世重視で門倉を野放しにしている新田を罵倒。「私が腐ったみかんなら、あんたは温室のメロンよ!」

その言葉を受けて、新田がついに動き出す…!? 親心を巧みに操る門倉の卑劣な手口とは…!?

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/103-4f7249e5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。