スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の豚 第4話「母泣かす村長に喝!」あらすじ

会計検査庁の調査員・芯子(篠原涼子)の今回のターゲットは、とある地方の河川の護岸工事。国民の税金である地方交付金40億円を使った工事ながら、地元農家から「手抜き工事ではないか」との陳情書が届いたのだ。さっそく芯子らは現地に向かうことになるが、その場所を聞いて角松(大泉洋)は顔色を変える。そこは角松の実家のある村だったのだ。かつて芯子の結婚詐欺に引っかかった角松は、母親に芯子の写真を送っており、結婚詐欺にあったとは言っていなかった。

一向を待っていたのは村長・漆原(半海一晃)による熱烈な接待攻勢だった。スケジュールのほとんどは観光で、調査の時間はごくわずかしかない。「何かがあやしい」と感じる芯子だが、金田(桐谷健太)は「地方の調査ではよくあること」と言う。国の交付金に頼っている地方は、多少のことは目をつぶって欲しいと接待漬けにするのが慣習なのだという。正義感に燃える優(岡田将生)は、威厳を持ちつつ礼を欠かない態度で漆原に「観光はやめてすぐに調査を」と申し出る。そんな優の成長ぶりを金田は頼もしく見つめる。

ようやく調査がスタートするが問題は何も見つからない。だが芯子の鼻は確かに不正の臭いをかぎとっていた。そのとき、とうとう角松の母親ふな子(大川栄子)が角松に気づいた!芯子を息子の婚約者だと思い込んでいるふな子は、芯子たちを家に呼んで歓迎する。
一方、角松は母・ふな子と芯子をできるだけ遠ざけようとしていた。
その夜、芯子は村の飲み屋で組合長と飲みながら、手抜き工事のせいで川が氾濫し畑が荒れ果ててしまったとの証言を聞きだす。
しかし村長・漆原の力は絶大で、村民は誰も声をあげられない。しかも危険を承知で国に陳情書を送ったふな子が、村八分にされているという。怒った芯子と角松はなんとか手抜き工事の証拠を挙げようとするが、なかなか出てこない。

翌日、調査終了の期限が迫るなか、芯子と角松は意外なところで動かぬ証拠を発見する――。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/123-8529a7eb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。