スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間は鬼ばかり(10) 第4話あらすじ

離婚して丸裸になって「幸楽」に戻ってきた邦子(東てる美)を訪ねて、久子(沢田雅美)がやってくる。アイデア勝負で始めた洗濯代行業も一時はよかったが、工場を大きくしてから資金繰りに行き詰まり、今はお手上げ状態だという久子。お互いにピンチを迎えた久子と邦子は2人で乗り切ろうと誓うが、五月(泉ピン子)と勇(角野卓造)は不安で顔を見合わせた。
その頃、岡倉には引っ越しを終えた長子(藤田朋子)たちが姿を見せていた。自分は大吉(宇津井健)と同居し、常子(京唄子)は近所のマンションに独り暮らしをするという。しかし、リハビリ中の母親を放っておけないと、本間英作(植草克秀)は常子と一緒に暮らすと言い出した。大吉は夫婦別居に反対するが、長子は聞かなかった。

一方、嫁の佐枝(馬渕英俚可)に対抗して保育園への復職を決めた弥生(長山藍子)だが、その矢先、当の佐枝が突然病院を辞めてきたと言う。一体佐枝に何が起こったのか?

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/127-57476835

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。