スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナサケの女 第4話「遺産!?畑に5億を埋める女」あらすじ

「埋めてるのは死体じゃない!お金だ!」

巨額の脱税が疑われる結婚相談所の内偵調査で、婚活パーティーに潜入した松子(米倉涼子)と犬養一美(飯島直子)。松子は、一美を熱心に口説く冴えない中年男・小田健太郎(塚地武雅)から大きな金の匂いを嗅ぎ取る。農家の長男で、母親が果樹園にワイナリー、ビルにマンションまで持っているという健太郎に、猛烈アタックを開始する松子。「タイプじゃない」と逃げられたものの、翌日には山梨にある健太郎の家まで押し掛け、母親のタキ(佐々木すみ江)にも花嫁候補と偽り、接触。農作業から夕飯の支度まで、タキにしごかれつつ、家の中を物色する松子だったが…。

その夜、松子を連れ戻しに来た三木(塚本高史)から、果樹園周辺で夜中に死体を埋める“夜泣き婆”が出るという怪談話を聞いた松子は、タキの畑へ。そこには、一心不乱に鍬をふるうタキの姿があった。松子の思った通り、タキが埋めていたのは死体ではなく現金だったのだ!?

数日後、松子らのもとにタキが急死したという知らせが入る…!

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/128-247adcdf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。