スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティ 第6話「愛と愛…衝撃の対決」あらすじ

金谷(山崎裕太)が遺体で見つかった直後、現場のビルの前で三輪(モロ師岡)を目撃した真島(玉木宏)。そんな折、宇喜田(吉田鋼太郎)から思わぬことを告げられる。三輪を金谷殺害の重要参考人として追うというのだ。宇喜田は三輪のパソコンから見つかったという金谷の殺害計画を記したようなファイルを真島と万里(吉瀬美智子)に見せ、犯行を裏付ける証拠だというが、真島は腑に落ちない。

芽衣子(菅野美穂)は真島が刑事だったと知り、ショックを受けていた。だが平静を装い、真島を食事に誘う。芽衣子は真島に連れられて鶴見(水上剣星)のバーへ。鶴見の話から、宏太(川野直輝)が殺された1年前の事件に真島が責任を感じ、苦しんでいると知る。帰り道、芽衣子は自分が殺人罪で逮捕されたことを告げて探りを入れ、真島が事件を知っていたことを察する。それでも自宅の鍵を預けようとする真島に戸惑う芽衣子は「私のこと全然わかってない」と寂しげにつぶやく。そんな2人の姿をじっとうかがう黒い影があった。

同じ頃、堂島(唐沢寿明)は公園で野宿をする男に声をかけていた。慌てて逃げ出したその男は三輪だった。

一方、万里は芽衣子が三輪を脅して復讐に協力させているとにらんでいた。そして次に狙われるのは芽衣子を追い込む記事を書いた堂島だと考え、保護させて欲しいと説得。だが堂島は、犯人に会ってスクープをものにするためなら命も捨てるとこれを拒む。

芽衣子は再び鶴見を訪ね、宏太の事件について、堂島が真島の責任を追及する記事を書いて追い込んだことを聞き出す。まもなく、堂島に芽衣子から電話が入った。堂島に近々会う約束を取り付けた芽衣子は、堂島が長年会っていない高校生の息子・基晴(澤田怜央)を待ち伏せし、密かに写真を撮る。

堂島が寝泊まりしている小屋に戻ると、三輪が堂島の書いた一連の事件に関する原稿に「全部事実なのか?」とあ然となっていた。堂島は金谷殺しの重要参考人として追われていることを三輪に教え、「ハメられたんだよ。殺られたくなかったらやるしかない」と焚きつける。

まもなく、真島の携帯電話に三輪から連絡が入った。どこにいるのかと問い詰める真島の言葉を遮り、「宇喜田の捜査を妨害してくれ。あとちょっとであの子の冤罪を晴らしてやれる」と懇願する三輪。

その夜、真島のマンションの近くで、芽衣子がスタンガンを持った男に襲われた。芽衣子の悲鳴を聞いて駆けつけた真島が男と揉み合った末に追い払うが、スタンガンの直撃を受けてケガを負ってしまう。路地に逃げ込み、顔を隠していたマスクをとった男の正体は溝口(金井勇太)。溝口は襲撃の失敗を電話で報告するが、その相手は宇喜田だった。

真島のマンションでは、痛みに顔をゆがめる真島を芽衣子が心配そうに見守っていた。真島は芽衣子の身を案じ、ひとりで帰れると言う芽衣子を部屋に泊まらせる。「助けられてよかった」と安堵したように眠りにつく真島に、切ない表情を浮かべる芽衣子。

翌朝、マンションを出た芽衣子は万里と鉢合わせ。真島の部屋に泊まったことを察した万里は「これ以上、真島に近づかないで」と言い放つ。すると芽衣子は「近づいちゃいけないってわかってます。だけど、どうすることもできない」と苦しい胸のうちを吐露。言葉に詰まる万里を残して立ち去る。

この後、堂島に会った芽衣子は「次のターゲットの資料だ」と封筒を受け取る。芽衣子は堂島と裏でつながり、いつ誰を自殺に追い込むかを教えることを交換条件にターゲットを調査させていたのだ。ところが、堂島が三輪への殺人疑惑を煽るようなことを言ったと聞いた芽衣子が「誰かに罪をなすりつけるなんて嫌」と激怒すると、堂島は協力を止めると言い出し、「復讐はおしまい。今度はあんたが追い詰められる番」と手のひらを返して…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/148-784f49b5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。