スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間は鬼ばかり(10) 第5話あらすじ

アルバイトをしながら公認会計士を目指していた眞(えなりかずき)は試験も終わり、あとは合格発表を待つだけとなった。1年半前に父親と一緒に中国に渡った貴子(清水由紀)のことが忘れられず、気持ちを紛らわすために受験勉強に没頭した眞だが、今は誠(村田雄浩)を相手に酔っ払って愚痴るような毎日。そんなある夜、誠は酔いつぶれた眞と一緒にタクシーで帰宅する途中、深夜の工事現場で働いている貴子と瓜二つの女性を見かける。
誠は後日やっとの思いでその女性を探し当てた。彼女は紛れもなく貴子だったが、本人は人違いだと否定する。

その頃「幸楽」では、邦子(東てる美)がインターネット通販で店の餃子を売りたいと勇(角野卓造)に言い寄っていた。久子(沢田雅美)も加わって協力してくれるよう説得するが、勇は聞く耳を持たなかった。しかも幸楽の餃子の味を知ってもらうため、試食用として最初に無料で提供したいという。その額100万円、これは誰が出すのか? この話を聞いた五月(泉ピン子)は…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/156-e2ac9f57

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。