スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティ 第7話「解ける謎新たな敵へ」あらすじ

芽衣子(菅野美穂)は堂島(唐沢寿明)から渡された次のターゲットの資料を見て思わぬことを知る。芽衣子を襲った男は溝口(金井勇太)で、宇喜田(吉田鋼太郎)と裏で繋がっていたのだ。捜査一課の実権を握る宇喜田が復讐を妨害しているとすれば、芽衣子にも手の出しようがない。だが、芽衣子はある思いを胸に復讐の続行を決意する。

真島(玉木宏)は傷の痛みをおして出勤し、芽衣子を襲った犯人の遺留品を鑑識で調べて欲しいと万里(吉瀬美智子)に依頼。三輪(モロ師岡)から電話があったことを明かし、芽衣子を犯人に仕立てた黒幕は警察関係者ではないかという疑惑を口にする。さらに真島は、宇喜田に冤罪への関与を追及。15年前の事件を機に宇喜田が異例の出世を遂げていることを突きつけて挑発する。この後、溝口の潜伏先を訪ねた宇喜田は「標的を変えよう」と芽衣子の次に襲う人物を指示して…。

同じ頃、三輪に呼び出された真島は驚くべき事実を聞かされる。15年前、三輪は自分の報告書が偽造され、芽衣子を犯人とする証拠がねつ造されたのを知りながら、出世と引き換えに見過ごすことを宇喜田に持ちかけられ、これを受け入れたというのだ。さらに三輪は、一連の不審死事件は芽衣子への償いのために自分がやったことだと告白。だが真島には、三輪の犯行だとは思えない。

その夜、真島の自宅を万里が訪ねてきた。真島は三輪に告げられたことを話し、宇喜田の背後に冤罪のねつ造を指示した大物がいるはずだと話す。万里は三輪が一連の事件の罪を被ろうとしていることから、芽衣子の犯行である可能性が高まったと指摘。「事実から目をそむけないで」と真島に忠告する。この後、芽衣子に会った真島は自分が刑事であることを告白。不審死事件の真犯人は芽衣子なのかと聞くが、芽衣子は疑惑を否定する。「君を信じる」と立ち去った真島の後ろ姿に、謝罪の思いで涙を流す芽衣子。その頃、真島の家に溝口が侵入。真島の帰りを待っていた万里が襲われる。

翌朝、ついに対決を決意した三輪から呼び出された宇喜田が指定された倉庫に向かおうとしていると、芽衣子から電話が入った。悪行を世間にばらすと挑発する芽衣子に、苦々しい表情を浮かべる宇喜田。

倉庫に現れた宇喜田を待ち構えていた三輪は、冤罪のねつ造を公表して欲しいと迫る。だが宇喜田は耳を貸さず、三輪に拳銃を向けて…。宇喜田は倒れている三輪のそばで電話をかけて溝口を呼び出し、「処分しておけ」と指示する。

まもなく、真島に鶴見(水上剣星)から連絡が入った。街で溝口を見かけ、その後を尾行しているというのだ。危険を察した真島は鶴見が向かった倉庫に急行。ところが鶴見は溝口に見つかり、捕らえられてしまう。 一方、現場を去ろうとしていた宇喜田は、芽衣子が残した赤い封筒に気づく。中身は、芽衣子が溝口と会う宇喜田の写真を撮り、捜査一課に送ったことを知らせる手紙だった。密かに現場に来ていた芽衣子は、宇喜田の行動を撮影していたのだ。がく然となる宇喜田を物陰からうかがう芽衣子。そのとき、現場に到着した真島に気づく。

真島は捕らえられた三輪と鶴見を発見。三輪の腹にはナイフが刺さっていた。溝口は鶴見も殺すと脅し、用意した灯油をかぶって自ら火をつけろと真島をうながす。ふたりを助けようと灯油を浴びた真島がマッチを擦ろうとしたそのとき、パトカーが到着。溝口は現場から逃げ出してしまう。

事件を知った万里は一般人からの通報で警察が動いたと聞き、その人物を特定するよう同僚に指示。一方、瀕死の重傷を負っていた三輪は「あの子を頼む」と真島に芽衣子を託して息絶える。真島は溝口への怒りに震え…。芽衣子は宇喜田を追い詰めたと堂島(唐沢寿明)に電話で報告。溝口の情報が欲しいと調査を頼み…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/177-1fe05f71

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。