スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医龍(3) 第8話「朝田復活奇跡の手術」あらすじ

オペの器具を持つと手が震えてしまう朝田龍太郎(坂口憲二)は、別の病院でPTSDだと診断された。そして、診察室から出てきた朝田を、偶然病院にいた黒木慶次郎(遠藤憲一)が目撃していた。

明真では、加藤晶(稲森いずみ)と藤吉圭介(佐々木蔵之介)が真鍋徹(今井悠貴)の今後の見通しについて話をしていた。現在は小康状態が続いているが、やはりドナーを待って心臓移植するしかなさそうだ。元気に見えた徹だが、セキが止まらなくなっていた。一方、カテーテルでは黒木のちょっとしたミスが増えていた。オーバーワークのせいだと噂する助手たちの話しているのを聞いた荒瀬門次(阿部サダヲ)。しかし、黒木は荒瀬とすれ違いざまに朝田が別の病院の脳神経外科にいたことを話す。驚く荒瀬は、カンファ室で模型を前にメスを持つ手が震えている朝田を目撃。朝田はPTSDであることを告げ、原因はかつて戦地で救えなかった少年のことだろうと話す。そこへ、徹の急変を告げる伊集院登(小池徹平)が飛び込んできた。加藤は、移植が無理である以上オペをやるしかないと診断し、朝田に明後日にオペをやることを告げる。大丈夫だとうなずいた朝田は、荒瀬に手の震えのことはチームには言わないように口止めをした。

自分を信じて頑張っている徹を見て、必死にPTSDを克服しようと努める朝田だが震えは止まらない。オペを翌日に控えチームを集めた朝田は、理由を正直に話して明日は執刀できないと話した。結果、執刀は加藤が、朝田は第2助手に回ることになった…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/216-54de1c94

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。