スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナサケの女 最終話「最終SP!!20億脱税夫婦は日本の道路を歩くな」あらすじ

「金を持ってる人間が勝つんだよ。あんたはその甘い蜜を舐めたことがないから、わからないだけだ……舐めさせてやろうか?」
「その言葉、お孫さんに聞かせられますか?」

新田(柳葉敏郎)が撃たれた数週間後、松子(米倉涼子)は西伊豆の老人ホームにいた。三木(塚本高史)が松子を連れ戻そうと訪ねてくるが、そこへ突然、裁判所の執行官らが老人ホームの差し押さえにやってくる。債権者への支払いが滞っているというのだ。だが、このホームの土地と建物は、時価の三倍の金額で売買されており、その売却に花形不動産が関わっていた。社長の花形(橋爪功)は、老人ホームを計画倒産させ、隠し財産を得ているらしい…。それを知った松子のサカン魂に再び火がつく!
三木「イチバンの仇とりましょうよ!」
松子「……。三木ちゃん、東京に帰ろう」

松子をはじめ、花形の悪質なやり方に憤りを隠せないナサケの面々は内偵調査を続け、部長代理の遠山(長谷川朝晴)に嫁入りを申し出る。しかし、自分の保身しか考えない遠山は首を縦に振らない。

その矢先、張り込み中の松子、三木、一美(飯島直子)が花形と関わり合いのあるヤクザらに絡まれてしまう。鉄子(武田鉄矢)の登場でその場は事なきを得るが、一美の口から驚くべき秘密が明かされる…!

地道な調査の末、松子たちは花形の裏金が倒産したホームに運び込まれたことを突き止める。曽根(泉谷しげる)は嫁入りを発表、遠山の反対を退け、花形不動産への再度の強制調査を決定する。

そして、強制調査当日。査察官の誇りを胸に、ガサ入れに向かう松子たち。タマリは無事発見できるのか? 今度こそ花形を逮捕できるのか…!? 最後まで目の離せない衝撃の最終回をお楽しみに!

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/243-b235524d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。