スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーフェクト・リポート 第1話「最低女上司と初めてのスクープ」あらすじ

CTN(キャピタル・テレビジョン・ネットワーク)報道局社会部の蒼山叶(松雪泰子)は、見た目は美人のアラフォー報道ウーマンだが、中身は超カタブツで組織陣としては最低なため遊軍取材班デスクに異動させられる。そこは、映画監督気取りのカメラマン黄田功(要潤)、取材対象者からのクレームが絶えないオヤジ記者の白石弘(小日向文世)、常に間が悪く、的外れな言動で先輩たちを怒らせてしまうAD桃井祐(遠藤雄弥)、カメラにはほとんど触ったことのない万年下積みカメラ・アシスタントの紫村健(小柳友)、そして緊急ニュースで原稿を読み間違え、期間限定で異動させられたアナウンサーの奥澤緑(相武紗季)たち、お荷物人間の吹きだまり。

蒼山が遊軍取材班デスクとして、ニュース編集部・デスクの黒井彰(平山浩行)から初めて任されたのは、多摩川に再び現れたアザラシの取材。しかし、蒼山はその日に発生した、総理が米国務長官との会談をすっぽかした問題が気がかり。短時間だが行方不明となった総理は、その空白の時間に何をしていたのか? そして、蒼山は失踪(しっそう)直前と復帰後の総理の映像を見比べ、誰も気に留めないようなある一点に注目し、遊軍取材班でも総理の行方不明の件を追うと宣言する。

部下に疎まれ、赤坂衆(小出恵介)ら、政治部や社会部の記者たちに邪魔扱いされながら、蒼山の"真実の追究"が始まった。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/33-8d0575d2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。