スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナサケの女 第1話「マルサの女帝vs10億脱税の主婦!」あらすじ

「脱税はこの世でいちばん被害者の多い、重い犯罪です。国民全員が被害者なんだから。 脱税するやつは、日本の道路を歩くな…!」

卓越した摘発力と直観力、容赦のない大胆さで、数々の脱税嫌疑者を摘発してきた、知る人ぞ知る西伊豆の税務署員・松平松子(米倉涼子)。その手腕を買われた彼女は、ホンテンこと東京国税局へ異動することに。東京へ向かう松子の手には、西伊豆の老女にもらった餞別の百円札が握られていた――

舞台は東京へと移る。ホストクラブ「フィナーレ」。そこには、ゴージャスなドレスと装飾品に身を包んだ松子の姿があった。松子の艶やかな容姿は、ナンバーワンホスト・愛川リュウジ(金児憲史)の心を引きつけるに十分だった。リュウジの目的はもちろん松子が持っているであろう金。それを知ってか知らずか、松子は笑顔でドンペリを飲み交わす。そんな松子に鋭い視線を送る女性が…。常連客でリュウジに大金を貢いでいる由香(菊池桃子)である。

数日後、東京国税局・査察部では、査察部長・新田新次郎(柳葉敏郎)の指揮の下、巨額脱税容疑に対する強制調査の準備が整えられていた。

-「今回のガサは株式会社フィナーレ。1億3000万の脱税が見込まれる」-

この強制調査に失敗すれば、長きに渡る内偵は水泡に帰す。内偵班の「ナサケ」こと情報部門から、強制調査を行う「ミ」こと実施部門への引継ぎには、一触即発のムードが漂う。

社長宅、愛人宅、ホストクラブ、そしてナンバーワンホストのマンション…、ガサ(強制調査)に入った「サカン」(査察官)たちは次々と隠匿された札束や通帳を発見、押収に成功する。ところが、ナンバーワンホストのマンションで彼らが見つけたのは、脱税の証拠ではなくなんと松子だった…!?

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/48-48167c2e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。