スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医龍(3) 第2話「神の手VS悪魔の指先」あらすじ

朝田龍太郎(坂口憲二)たちが3時間以上かけた手術を、内科医の黒木慶次郎(遠藤憲一)はわずか45分で終わらせてしまった。黒木は、野口賢雄(岸部一徳)がアメリカから呼び寄せたカテーテル治療のスペシャリストだった。

加藤晶(稲森いずみ)は、野口が鬼頭学長(夏木マリ)に提案するカテーテル部門の強化と、外国の富裕層をターゲットとしたメディカルツーリズムを推進する明真の改革案に苛立ちを隠せない。伊集院登(小池徹平)も外科医が必要なくなるのではないかと不安を募らせていた。そんな中、明真に入院中の父親の見舞いに来ていた根岸紗江(松下奈緒)が突然倒れた。検査の結果、紗江は重度の心房中隔欠損症であると判明。加藤は早急なオペを勧めるが、紗江は結婚式が2週間後に控えていることを理由にオペの延期を希望する。それを知った黒木は紗江の病室を訪れ、カテーテルを勧める。オペは2時間、胸に傷も残らず、術後3日で退院できると聞き、紗江はカテーテルを選択。しかし、加藤からカテーテルのリスクの高さを聞いた婚約者の山口(長谷川朝晴)は、迷う紗江を押し切るように朝田の手術を希望した。

紗江から、結婚式は末期がんの父親に亡き母がかつて着た胸元が大きく開いたウエディングドレスを着る姿を見せたかったと聞いた朝田は、傷跡の残らない術式を提案。難易度があがるためオペのリハーサルを始めた朝田たち。
オペを翌日に控えた夜、黒木が再び紗江を訪ね…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/49-cabb1883

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。