スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーター、家を買う。 第2話「どうせオレは恥ずかしい息子だよ」あらすじ

武誠治(二宮和也)は、千葉真奈美(香里奈)が大手ゼネコン・喜嶋建設の社員であることを知る。誠治をアルバイトとして雇った大悦土木は、喜嶋建設の仕事を請け負っていたのだ。

ある日、真奈美の発注ミスで現場の作業がストップするという事態が起きる。真奈美は、皆の足を引っ張ってしまったことを悔やみ、残って事務所の掃除を始める。誠治は、そんな真奈美の行為を自己満足だと決めつけた。

誠治が家に戻ると、寿美子(浅野温子)がリビングでゴミ袋の中身を広げていた。集積場所に出した燃えるゴミの袋に、ビンが混ざっていたために戻されてしまったのだ。寿美子は、キチンと分別しないと迷惑がかかる、と言って何度も中身を確認していた。だが、ちょうどそこに帰ってきた誠一(竹中直人)は、その光景を見ても何も言わずに2階に上がってしまう。

あくる朝、誠治は、出かける前にゴミの分別を手伝ったこともあって遅刻してしまう。大悦土木社長の大悦貞夫(大友康平)は、そんな誠治に帰るよう命じる。その日の作業が上手くいくかどうかは現場の空気が重要だというのだ。その処遇に不満を抱いた誠治は、アルバイトを辞めようと思い、ハローワークを訪ねた。誠治は、ハローワークの北山雅彦(児嶋一哉)に、企画・開発以外の仕事も検討すると告げる。だが、月給20万円以上という条件は譲らなかった。すると北山は、あなたに20万円払う価値があるかどうかを決めるのは会社側だと言い放つ。

誠治が帰宅すると、寿美子が資源回収に出したはずのペットボトルの袋がキッチンに置かれていた。キチンと分別しなかった、と言ってまた謝り続ける寿美子。袋の中には、何故か空きビンが1本混ざっていた。

その夜、誠治は、もう一度、就職口を探してもらえないか、と誠一に頼む。すると誠一は、紹介してもすぐに辞められたら恥をかくのは自分だ、と返す。「目の前のことに全力を尽くしたこともないくせに、人のせいにするな。人を頼るな。俺に恥をかかせるな」。誠一は、そう言い残して立ち去った。

誠治は、アイロンがけをしていた寿美子に、仕事がなかなか決まらないことを謝った。寿美子は、そんな誠治に、「仕事なら、してるでしょ」と静かに言って、アイロンをかけてキチンとたたんだ作業着を差しだし…。

アルバイトを続けることにした誠治は、大悦土木に戻った。残業することになった誠治は、誠一に電話して、寿美子が薬を飲んだかどうか確かめてほしい、と頼んだ。

亜矢子は、小学校のPTAから先に診察してもらえるように計らってほしい、と頼まれ、病院スタッフの怒りを買っていた。姑の則子(鷲尾真知子)は、そんな亜矢子に、病院スタッフがあなたを認めることはないだろうから、せめて地域のお母さんたちとは上手くやってほしい、と平然と言ってのける。

納期ギリギリだったが、道路工事の現場はあと1日ですべての作業が完了する予定だった。だが、途中で激しい雨が降り始め、作業が中断してしまう。雨は激しくなる一方だったが、それでも大悦土木の作業員たちは誰ひとり帰ろうとはぜず、雨が止むのを待ち続けた。

夜遅くになってようやく雨がやみ、誠治たちは作業を再開した。すべての作業が終了したのは夜が明けるころだった。作業を終え、トラックの荷台に乗って現場を後にした大悦土木のメンバーは、自分たちが作った道路を誇らしげに見つめていた。

初めての給料日、誠治はアルバイト料25万円を手にする。小さくガッツポーズする誠治。原付バイクにまたがって帰ろうとしている誠治のもとにやってきた真奈美は、缶コーヒーを差しだした。真奈美は、誠治が給料日までこの仕事を続けているかどうか皆と賭けをして、ひとり勝ちしたのだという。誠治は、そんな真奈美に、就職も決まっているだろうから来月の給料日にはもういない、と告げた。「決まるといいね」。真奈美は、あっさりそう返すと、また明日、と言って去っていき…。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/64-f6682548

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。