スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティ 第3話「追い込め悪徳弁護士」あらすじ

松永(石丸謙二郎)の娘・美咲(美山加恋)は芽衣子(菅野美穂)に懐き、松永と別れた実母に会えない寂しさをもらすまでになっていた。その頃、松永は美咲の心臓移植手術が遅れていることにいら立ち、担当医に詰め寄っていた。医師はドナー心臓の順番を待っていると説明するが、松永は聞く耳を持たない。

一方、宇喜田(吉田鋼太郎)から真島(玉木宏)の監視を命じられた万里(吉瀬美智子)は、真島の謹慎を解くこと、真島と一緒に三輪(モロ師岡)の捜索をさせることを条件にこれを受け入れる。

真島は15年前の「毒入りケーキ事件」について、堂島(唐沢寿明)から思わぬことを聞かされる。当時、芽衣子のほかに“真犯人”がいるという噂があったが、堂島はこれを無視し、芽衣子を犯人と断定する記事を書いたという。

まもなく、真島に困り果てた様子の芽衣子から連絡が入った。出産後、動物病院に預けていたアンが病院にいられなくなったというのだ。真島は夜だけなら自分がアンを預かると申し出て芽衣子を喜ばせる。

その夜、松永に美咲のドナーが見つかったと有力な議員から電話が入った。松永は弁護士の地位を利用して議員に取り入り、美咲の優先順位を1番にしてもらうよう手を回して手術を早めたのだった。翌朝、アンを引き取った真島と芽衣子は、一緒にペット用品の買い物をする約束をして別れる。この後、真島はマンションの前で待っていた万里に引っ張られて捜査一課へ。万里の指揮のもと三輪の捜査を進めるよう宇喜田に命じられるが、真島は単独で捜査に出かけてしまう。

一方、芽衣子は松永の事務所に仕掛けた盗聴器で動向を探っていた。松永は明日に控えた美咲の手術費用を捻出するため、妻・陽子(笠木泉)の実家を無断で売却しようとする。さらに手術を担当する病院に不正な儲け話を持ちかけ、自らも利益を得ようとしていた。松永に電話をかけた芽衣子は「強欲な男」と非難し、手術を早めた裏工作を知っていることをほのめかす。

「毒入りケーキ事件」の捜査資料を調べた真島は、担当鑑識官の名前がないことに気づく。そこで事件を担当した元刑事・平田勇次(並樹史朗)に話を聞くが、平田は鑑識官を思い出せないという。

夜、家にアンを迎えた真島は、アンが慣れるまでそばにいてやって欲しいと芽衣子を自宅に招き入れるが、緊張する芽衣子はソワソワと落ち着かない。帰ろうとする芽衣子に真島は家まで送ると言うが、芽衣子は「やさしくされるの、慣れてないんです」と逃げるように去ってしまう。

翌日、美咲の手術の日を迎えた松永に、クーラーボックスに入った心臓の画像がメールで届き、田辺(戸田昌宏)の携帯電話から着信が入った。電話の主は、田辺から携帯を手に入れていた芽衣子。松永は芽衣子がドナー心臓を奪ったと確信。「妙な真似をしたら心臓を踏みつける」と脅す芽衣子に電話で誘導され、人気のない公園の電話ボックスに入る。

そこには液体の入った試験管があった。芽衣子は液体に毒物を混ぜたと松永に告げ、これを飲み干せと指示。松永は飲まずに試験管をたたき割るが、次の瞬間、喉をかきむしって倒れる。試験管の中身は毒ガスを発生させる薬品だったのだ。息絶えた松永を冷たく一瞥して立ち去る芽衣子。その直後、現場に堂島が現れ…。

まもなく、美咲の手術の成功が発表された。芽衣子はドナー心臓を奪ってなどいなかった。豚の心臓の画像を松永に送り、ドナー心臓だと思い込ませたのだ。その頃、ペットサロンで芽衣子がドックセラピーに出かけたと聞いた真島は病院へ。美咲の父親が不審な自殺を遂げたことを知り、胸騒ぎを覚えて芽衣子に電話をかけるが、芽衣子は何も言わず…。

同じ頃、ペットサロンに現れ、真島の彼女だと名乗る万里。一方、真島は平田から担当鑑識官を思い出したと連絡を受ける。平田が口にした名前は「三輪」だった!

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/65-24c20307

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。