スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の豚 第2話「警察ヤミ宴会に喝!」あらすじ

元詐欺師の芯子(篠原涼子)は久留米(宇津井健)にスカウトされ、国民の血税=“黄金の豚”を守る会計検査庁の調査官になる。今回の調査ターゲットはなんと東京警察署。警察署内に機密費の流用疑惑があるというのだ。仮釈放中の身の芯子はパスしようとするが、事情を知らない明珍(生瀬勝久)に無理矢理同行させられ、角松(大泉洋)、金田(桐谷健太)らとともに警察に赴く。

署長らが睨みをきかせるなか、一同は形どおりの調査をして済まそうとする。が、そのとき優(岡田将生)が怪しい領収書を見つける。数枚の領収書の筆跡と紙質が、すべて同じなのだ。持ち帰って調べたところ、やはり領収書は偽造。日付は4年前で総額12万円。その日は宴会が行われたらしく、東京署が機密費から12万円を宴会代に使った疑いが浮上した。優は「これを突破口に、機密費流用の全貌を暴きましょう!」と熱くなるが、前回正義の大活躍をした芯子もさすがに立場が危うく「そのくらい見逃してやったら?」と言い出す。

だが芯子は久留米に呼び出され「警察を知る君だからこそ、警察の悪事を暴けるはず。刑務所に逆戻りするか?」とさらりと脅される。しかたなく調査を進める芯子は、妹のみぞれ(山口紗弥加)が務めるキャバクラの客である警察官から話を聞き出す。警察官によると機密費は表向き「捜査協力者への謝礼」だが、実際は幹部のゴルフ代や海外旅行代に消えており、タクシー代だけで5百万を使った幹部もいるという。憤慨したみぞれに「そんな奴ら、叩きのめして」と言われる芯子だったが、やはり警察が相手では難しい……。そんななか家に戻った芯子は偶然、母・啄子(もたいまさこ)から4年前のある事件が載った新聞を見せられる。

そのとき芯子の鼻が何かを嗅ぎ付けた――!

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/69-fbfabfaf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。