スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間は鬼ばかり(10) 第3話あらすじ

勇(角野卓造)の妹・邦子(東てる美)が突然幸楽に現れ、同居すると言い出した。夫とは離婚し、自分名義になっていたマンションは、株取引で出した借金のために差し押さえられたという。家も金もないのだから、実家の「幸楽」で面倒を見てもらうのは当然と開き直る邦子。五月(泉ピン子)たちは再びトラブルの種を背負い込み、苦々しい思いだった。

その頃野田家では、弥生(長山藍子)と病院に勤める佐枝(馬渕英俚可)がうまくいっていなかった。資格を取って働きたいという佐枝をサポートしようと、家事と子育てを引き受けた弥生だったが、あまりにも家のことを任せっぱなしの佐枝に嫌味が飛ぶ。そんな弥生の真剣な相談にも、イキイキと輝いている佐枝に嫉妬しているだけと取り合わない大吉(宇津井健)。
しかし、どうしても納得できない弥生は、以前勤めていた北川保育園を、再び手伝うことを独断で決めてしまう。

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/73-be25ca60

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。