スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医ドリトル 第3話「モンスター飼い主」あらすじ

ケガをした捨て犬の治療の為、鳥取動物病院を訪れるマユ(大橋のぞみ)。
だが、ドリトル(小栗旬)は「家で飼えるよう親を説得して、30万円用意しろ。」と突き放してしまう。あすか(井上真央)は、鳥取を説得するが聞く耳を持たない。

その頃、日本最大チェーン・エンペラー動物病院の総院長・土門(國村隼)のところに、柴山農水大臣(佐々木勝彦)が孫の詩織(信太真妃)のペット(ハムスター)を連れてきた。
大臣は外遊から帰ってくる10日後までに、具合の悪いハムスターを元気な姿に戻して欲しいと頼む。土門は勇蔵(笠原秀幸)にハムスターの治療を任すのだが、危険な状態に陥ってしまう。
一刻も早くオペが必要になるが、土門では手に負えず富沢教授へ相談をするのだが…。
一方、花菱(成宮寛貴)のもとにゴムを誤飲したフェレットが運ばれる。手術ができない花菱は、飼い主の星奈(平愛梨)とフェレットを鳥取動物病院に連れて行き手術を依頼するが、モンスターペアレントの星奈の父・義満(段田安則)が現れ、さらなる事態を巻き起こしてしまう!

<スポンサードリンク>

トラックバック

トラックバックURL:
http://dramamatome2.blog77.fc2.com/tb.php/90-ece9aa33

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。