スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティ 最終話「永遠に愛してる…」あらすじ

堂島(唐沢寿明)を自殺に追い込んだ疑いで万里(吉瀬美智子)に逮捕された宇喜田(吉田鋼太郎)が、連行中に門倉(RIKIYA)らを襲って逃走。一方、芽衣子(菅野美穂)に愛を告白した真島(玉木宏)は、復讐を止めさせようと芽衣子を自分のマンションに閉じ込め、堂島が死ぬ前に言い残したことを聞き出そうとするが、芽衣子は何も話そうとしない。

「宇喜田は俺が捕まえる」と芽衣子に約束した真島は辞表を撤回し、宇喜田を追う万里や門倉らに合流。その頃、宇喜田は大物代議士・三沢豪(津嘉山正種)の家に身を潜めていた。豪と息子の準(柏原収史)は2日以内に芽衣子を始末し、堂島の原稿を手に入れろと宇喜田に命令。堂島とつながっていた芽衣子が原稿を持っているのではないかと告げる。

その頃、芽衣子は部屋を抜け出し、ペットサロンに来ていた。店を辞めたいと言い出す芽衣子に驚く琴美(横山めぐみ)と彩乃(滝沢沙織)。そんなとき、芽衣子に宇喜田から電話が入る。宇喜田は「堂島から預かった原稿のデータを渡せ」と迫り、従わなければペットサロンを襲うと脅すと、指定の場所に原稿を持って来るよう指示する。

店の前まで迫っていた宇喜田を追って外へ飛び出す芽衣子。すると、連れ戻しに来た真島が現れ、抵抗する芽衣子を暴行の現行犯で逮捕。警視庁に拘束し、罪を重ねさせたくないと芽衣子の自由を奪う。真島から監視を託された万里に、ここから出して欲しいと訴える芽衣子。そこに、ペットサロンに来ていた宇喜田から芽衣子に脅しの電話が入る。芽衣子は大切な人を守るため、宇喜田のところへ行かせて欲しいと万里に懇願する。 まもなく、指定された場所にやって来た芽衣子の前に宇喜田が現れた。宇喜田は、芽衣子を守ろうと近くに身を潜めていた万里に気づいて発砲。万里はケガを負いながらも芽衣子の身をかばい、宇喜田を追いかけるが取り逃がしてしまう。

このことを知り、慌てて警視庁に戻った真島に芽衣子は自分の苦しい思いを話す。家族を捨てた父親に似た芽衣子を嫌う母親に冷遇されていたこと、愛されたい思いから甥をかわいがり、喜ばせようと買い与えたケーキで甥を死なせてしまったこと…。自分を責め続ける芽衣子を真島は「君のせいじゃない」とやさしく抱き寄せる。

翌朝、芽衣子に準から電話が入った。原稿を譲ってくれれば冤罪を立証するという準の取り引きに応じた芽衣子は、受取人に宇喜田を指定。真島の目を盗んで宇喜田に連絡し、捜査一課の宇喜田のデスクまでデータを取りに来いと指示する。

準が流した偽の目撃情報にかく乱され、宇喜田を追って捜査一課の部屋を飛び出していく真島ら。無人になった部屋に残された芽衣子は、堂島から渡されたものとは別のUSBメモリーを宇喜田のデスクに置く。

まもなく、宇喜田が現れた。宇喜田は金と権力を振りかざして冤罪をねつ造したことを告白。芽衣子に拳銃を向けたそのとき、捜査一課の内線電話が警視庁記者クラブに繋がっていることに気づく。芽衣子は宇喜田の犯罪を告発しようと、宇喜田の話をマスコミに聞かせていたのだ。

そのとき、物陰に潜んでいた万里が立ち上がり、宇喜田に銃を向ける。万里は芽衣子の不審な様子に気づいた真島に頼まれ、捜査一課に残っていた。だが、宇喜田の反撃を受けて失神。知らせを受けて駆けつけた真島に、宇喜田は芽衣子の体を楯にして発砲しようとする。だが、隙を突いて真島が放った弾が宇喜田の肩に命中。「すべての罪を認めろ!」と銃を突きつける真島に、宇喜田はなおも銃口を向けるが、真島に心臓を撃ち抜かれて息絶える。

ほどなく、芽衣子の姿がないことに気づき、慌てて飛び出して行く真島。万里は宇喜田のポケットからUSBメモリーを見つけ…。一方、三沢邸の前に来ていた芽衣子は準に電話をかけると、「原稿、持ってきてあげたわよ」と挑発するように言い放ち…。

フリーター、家を買う。 最終話「母さんが、笑った」あらすじ

武誠治(二宮和也)は、母・寿美子(浅野温子)と彼女につきまとう悪質な訪問販売員・相沢(ムロツヨシ)との関係を終わらせるために、必死で貯めてきた100万円を手渡す。事情を知った千葉真奈美(香里奈)たちは、弱者を狙うその手口に憤りを覚えながらも、誠治のことがあまりにも気の毒で、かける言葉も見つからない。

そんななか、大悦土木の職長・大悦貞夫(大友康平)は、正社員にならないか、と誠治に持ちかける。事務と営業を任せられる人材を探していた大悦は、誠治なら信頼できると思って声をかけたのだ。ふたりの話を偶然聞いてしまった事務員の星野あかり(岡本玲)は、真田勝也(嶋大輔)、塚本学(山本龍二)、手島信二(井上正大)の3人にそれを話す。真田たちは、誠治が大悦土木に入社すると知って喜んだ。

誠治は、大悦からの話を真奈美に打ち明けると、正直言って戸惑っている、と続けた。そんな誠治に、真奈美は、どの会社に入るかは誠治の基準で決めればいい、と告げる。

誠治が家に戻ると、亜矢子(井川遥)が息子の智也(橋本智哉)を連れて武家に来ていた。亜矢子は、姑の則子(鷲尾真知子)とぶつかって、家を出てきてしまったらしい。それを知った誠一(竹中直人)は、どうせ大した理由じゃないんだろう、と言って亜矢子を責めた。

するとそこに、誠治が最終面接をすっぽかしてしまった会社・ナミキ医療技研から電話が入る。もう一度、誠治と会って話がしたい、という電話だった。

流れ星 最終話「二人の決断」動画まとめ

・「MEGAVIDEO 01」 ・「MEGAVIDEO 01
・「PANDORA.TV 01



以前・以後のあらすじは、流れ星 テレビドラマまとめから見れます。

流れ星 最終話「二人の決断」あらすじ

岡田健吾(竹野内豊)が警察に出頭した後、発熱し倒れた槇原梨沙(上戸彩)は、神谷凌(松田翔太)の知り合いの病院に入院する。同じ頃、槇原修一(稲垣吾郎)は岡田マリア(北乃きい)の病室にいた。修一が見つめる視線の先には、ぐっすりと眠るマリアがいた。修一は、ゆっくりとマリアの首に手を伸ばした。

一方、目を覚ました梨沙は、付き添っていた神谷に、健吾は本当に警察に行ったのか、と尋ねる。神谷はうなずき、健吾の覚悟をわかってやれと言うが、梨沙は答えない。それどころか、梨沙は健吾のことは「もういい」と言って神谷に背を向けた。 神谷が帰った後、梨沙が病室でぼんやりしていると、突然、携帯電話が鳴った。修一からの着信だった。しかし、梨沙はその電話には出なかった。 その夜、梨沙は病院を抜け出しバス停にいた。と、携帯を見た梨沙は、留守番電話が入っていることに気づく。それは、修一からの自殺を意図するメッセージだった。

パーフェクト・リポート 最終話「報道のその先へチームで掴んだ答え」動画まとめ

・「MEGAVIDEO 01」 ・「MEGAVIDEO 01
・「PANDORA.TV 01



以前・以後のあらすじは、パーフェクト・リポート テレビドラマまとめから見れます。
<スポンサードリンク>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。